« プチトマト | トップページ | 開花 »

まずは知ることから

リーさんのブログからこの記事を読んで、

母の話を思い出した。

-----------------

母が仕事へ向かうバスに乗っている子。

落ち着きが無く、普通の子とは少し感じが違う。

きょろきょろ車内を見回したり、

人の顔をじっと見たり。

いつも乗るバスなのでいつも見かける。

いつの日からか母はバスに乗るとその子に「おはよう」

声をかけるようになった。

そして、バスを降りる時に「じゃ、またね」と手を振る。

そんな感じで数週間が過ぎた。

母が乗り込むバス停でいつも一緒になるご婦人とも顔見知りに、

名前は知らずとも話をすることもあり、ある日こう言われた。

「あなたすごいね。あなたがあの子に声をかける様になって

あの子すごく生き生きしてきたよ。あなたがバスを降りても

バスの中からあなたのことを目で追ってるのよ」

「えっ、そうなの?そんなこと知らなかったわ。」

-----------------

それから日々が過ぎ、今では彼が母の席を取っていてくれるらしい。

彼の名前も知らないし、どこでバスを降りているかも知らない。

でもこれからも、いつものように挨拶して、手を振るんだろうと思う。

母はきっと特別なことをしているわけではない。

だけど、なかなか自分からは出来ないように思う。

転記した話のように、障害者に出会ったときに知らずに傷つけたりしないよう、

色々なことを知っておくことは大事な事だと思うし、

いい意味での気持ちの連鎖を起こしてくれればと思う。

|

« プチトマト | トップページ | 開花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

訪問させていただきました(*^_^*)コメント、ありがとうございます。
本当に素敵なお母様ですね。私もmikeさんのお母様のような母になるよう頑張ります。

投稿: aya** | 2007年6月16日 (土) 00時29分

そうなんだよね。読んでて涙でた。
知らない間に人を傷つけてることって、絶対あるよね。
逆にmikeちゃんのママみたく、知らない間に人を元気付けてることも。
親しい仲に障害を持つ人がいないと、どう接すればいいのかわからなくて
それが「否定」や「拒絶」になってしまうのも
哀しいかな、想像できてしまう。 
優しい人間になりたいねぇ。

投稿: えま | 2007年6月16日 (土) 14時17分

aya**さんへ
訪問ありがとうございます。
私もすんなりと出来るようになりたいものです。

えまちゃんへ
優しい人間、、なりたいね。
私も頑張らなくては!

投稿: mike | 2007年6月17日 (日) 14時10分

リンク先の記事を読んで、泣いちゃった。・゚・(ノд`)・゚・。
(朝の会社で)
うちの親戚にも障害者がいる。
でもね、そのこはすごいんだよ。
どこかに障害を持っていても、
人より優れているところを持ってる。
そういうところを見つけて、伸ばしてあげる。
それがオトナの役目だと思うんだけどね。
これって、健常者でも同じなわけで。
トクベツじゃないんだけどね。

投稿: ともとも | 2007年6月19日 (火) 08時56分

私も泣いた(T_T)
いい所を伸ばしてあげるのが大人の役目、
ホントそうだね。
いい所に気づいてあげられる人間にならないといけないなぁ。

投稿: mike | 2007年6月19日 (火) 10時31分

さすが、mikeちゃんのお母様。
いい話だわ。また私のブログで紹介させてもらいました。
優しいヒトになりたいね。

投稿: リー | 2007年6月20日 (水) 09時44分

リンク、ありがとうございます。
人にも地球にも優しい人になりたいっす!!

投稿: mike | 2007年6月21日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391173/6793931

この記事へのトラックバック一覧です: まずは知ることから:

« プチトマト | トップページ | 開花 »